中日交流

黄檗山万福寺 明代的福建文化

时间:2016年12月02日 信息来源:本站原创 点击: 加入收藏 】【 字体:

黄檗山万福寺  京都府宇治    黄檗宗とは日本三禅宗の一つ(臨済宗、曹道宗)    江戸時代初期中国の僧(隠元隆琦)が将来した。

隠元は1654年に日本に上陸して、今年度はまさに360周年の記念を迎える。隠元は中国明の時代の最新の禅宗や戒律、そして明の衣食文化とともに日本に伝来した。それらのものは江戸時代の日本文化に大きな影響を与えた。隠元が将来した中国の文人画は江戸時代の日本の南画のモデルになると考えられる。特に印刷文化といえば、「明朝体」という印刷体は隠元が将来したもの。

黄檗山万福寺   明代的福建文化

 

黄檗山万福寺   明代的福建文化



地点:京都府宇治市 

万福寺的山号为黄檗山,黄檗既是这座寺院的山号,又是他的宗派所属。黄檗派属于禅宗三派之一。明末传入日本。万福寺为黄檗派在日本的总本山,且为日本唯一的中国明朝式佛教寺院。

 

万福寺的开创者为隐元隆琦,明末福建人。作为拒不降清的明朝遗老,1654年东渡日本,1660年得到幕府的支持,在京都宇治开创万福寺。这里完整的保留着明朝的福建文化。

这座寺庙与中国福建的黄檗山万福寺是姐妹寺院。福建的黄檗山万福寺就是隐元隆琦出家的寺院,是黄檗宗的祖庭。

 

黄檗山万福寺   明代的福建文化

 

黄檗山万福寺   明代的福建文化

 

 

 

上一篇:日本黄檗山 万福寺
下一篇:中国首善曹德旺参访日本京都宇治黄檗山万福寺
(作者:福清黄檗文化促进会 小廖 编辑:小廖)

我有话说

 以下是对 [黄檗山万福寺 明代的福建文化] 的评论,总共:0条评论